がけ崩れ、地すべりの前兆現象
がけ崩れの前兆現象
地面にひび割れができる。
がけの安定性が失われることで、がけ自体が下方へ移動を開始します。これにより、がけ上やがけ面でひび割れ(亀裂)が発生します。このひび割れ(亀裂)には、亀裂の幅が広がっていくパターン(開口亀裂)や、つぶされてくパターン(圧縮亀裂)があり、いずれも、時間を追う毎に変動が認められるものは注意が必要です。
普段出ている湧水の量が増加したり、濁ったりしてくる。
地中の地下水位が上昇することで流出する湧水の量も増加します。また、湧水量が増加することで地中の土砂も流出(侵食)し始めます。これによって濁った水が流れ出します。これらの現象が継続すればする程、斜面のバランスは崩れ、がけ崩れ発生の危険性は高まってきます。
小石がぱらぱらと落ちてくる
大雨で地中の水の量が増加し、土砂と土砂、岩盤と岩盤の間で保たれてきた力(粘着力)が低下してきます。これにより、斜面にあった岩や土砂が不安定となり、崩れ始める現象です。
戻る
地すべりの前兆現象
地面にひび割れができる。
がけの安定性が失われることで、がけ自体が下方へ移動を開始します。これにより、がけ上やがけ面でひび割れ(亀裂)が発生します。このひび割れ(亀裂)には、亀裂の幅が広がっていくパターン(開口亀裂)や、つぶされてくパターン(圧縮亀裂)があり、いずれも、時間を追う毎に変動が認められるものは注意が必要です。
樹木が傾いたり、倒れたりする。
斜面が地表に生える樹木を伴いながら移動し始めることで生じる現象です。
戻る