砂防用語集

■雨量 ■土砂災害 ■土石流 ■がけ崩れ ■地すべり ■土砂災害の前兆現象
雨量 10分雨量 10分毎に観測される雨の量で、短時間に強く降る雨を捉えるのに有効とされています。
60分雨量 直近の60分間に降った雨の量を指します。(60分雨量と時間雨量の違いは、起算するタイミングが異なります)
時間雨量 正時(毎時00分)を始点として1時間以内に降った雨の量を指します。
実効雨量 これまでに降った雨や現在降った雨が地中にどれ位残存しているかのかを便宜的に示した値を指します。多ければ多い程、地中に残っている雨が多いということになります。
積算雨量 ある一定の期間(例えば日積算・月積算など)に降った雨の量を指します。
連続雨量 降り始めから降り終わりまでの一連の降雨量の積算値を指します。ここで降り始め、降り終わりとは、前後24時間以上無降雨であった場合を示します。
※欠測 観測機の故障・不具合等により、データの取得が出来ない状態を指します。
土砂災害 大雨や地震が誘因となって、崖が崩れたし、土砂や石の混ざった水が谷や川から流出することで人命磁財産の損害をもたらす現象を指します。どんな場所がどんな危険があるか、予め知っておくと共に災害時における行動や備えを日頃から心がけましょう。
※〜警戒区域
土砂災害の危険がある区域を指します。
※〜特別警戒区域
仮に区域内で土砂災害が発生した場合、土砂災害警戒区域の中でも、人命や財産等への影響が大きい地域を示します。
上記の地域に建物を建てる場合には安全を確保できる基準を満たすことが必要とされています。
土石流 集中豪雨などによって、増水した河川水や沢水が河床に堆積した土砂を一気に下流へ押し流す現象を指します。土石流の流速は速いもので時速60kmに達するものもあり、一瞬にして人家や畑などを飲み込むことがあります。土石流は川沿いを数キロにわたって移動するのが特徴です。
がけ崩れ 地中にしみこんだ雨や地震、気温の変化などによって斜面が崩れ落ちる現象を指します。がけ崩れは土石流や地すべりと比べて規模は小さいが、突発的に発生するのが特徴です。都市化による丘陵地への宅地造成等により、がけ地に隣接して生活するケースが増加しつつあることから、民家の近くで発生し、被害の割合が高くなってきています。
地すべり ある特定の範囲の斜面全体が下方へ移動する現象です。地すべりの発生は大雨を誘因とする場合以外にも、融雪による地下水位の上昇などもあります。また、斜面の造成工事を行っている場合にもバランスを崩して移動することもあります。
土砂災害の前兆 土石流・地すべり・がけ崩れが発生する前に見られる現象のことを土砂災害の前兆現象といいます。それぞれの前兆現象は次のとおりです。
●土石流の前兆現象
大雨で普段よりも増水していた川の水位が発生前に下がることがある。
川の上流でがけ崩れ等が発生することで、土砂や流木が集積することで川が堰き止められたり、小規模なダムが出来ることが有ります。こうした堰き止めによって下流の水位が下がるといった現象が起きます。土石流はこの堰き止めが決壊することで発生するのです。
川の水が濁り、上流から木などが流れてくる。
大雨により川の水位が上昇することで、流れる力も増加します。これにより河床に堆積していた土砂や流木が流出します。ここで更に大雨が降り、水位が上昇することで土石流発生の危険性は高くなってきます。
山鳴りがする。
山間部で発生した土石流やがけ崩れが沢を流れ下ることで音響が生じます。この音が山間に反響することで山鳴りが発生します。
火薬のような臭いがする。
土砂が谷を流れ下る間、石と石(巨大なものが主)が激しく擦れ合うことで火薬のような臭いを発生させることがあります。また、木と木が擦れ合ったりすることで生臭い臭いがすることも有ります。
●がけ崩れ、地すべりの前兆現象
地面にひび割れができる。
がけの安定性が失われることで、がけ自体が下方へ移動を開始します。これにより、がけ上やがけ面でひび割れ(亀裂)が発生します。このひび割れ(亀裂)には、亀裂の幅が広がっていくパターン(開口亀裂)や、つぶされてくパターン(圧縮亀裂)があり、いずれも、時間を追う毎に変動が認められるものは注意が必要です。
普段出ている湧水の量が増加したり、濁ったりしてくる。
地中の地下水位が上昇することで流出する湧水の量も増加します。また、湧水量が増加することで地中の土砂も流出(侵食)し始めます。これによって濁った水が流れ出します。これらの現象が継続すればする程、斜面のバランスは崩れ、がけ崩れ発生の危険性は高まってきます。
小石がぱらぱらと落ちてくる。
大雨で地中の水の量が増加し、土砂と土砂、岩盤と岩盤の間で保たれてきた力(粘着力)が低下してきます。これにより、斜面にあった岩や土砂が不安定となり、崩れ始める現象です。
樹木が傾いたり、倒れたりする。
斜面が地表に生える樹木を伴いながら移動し始めることで生じる現象です。